ロイヤルベガスカジノ(Royal Vegas Casino)」の安全性についてはこちらから。



安全性

安全性

 

認知度の低いオンラインカジノ

日本では、オンラインカジノそのもの認知度が低く、何だか胡散臭く感じしまう人も多いようです。しかし、現代はインターネットが発達して様々な情報が出回っているため、このように神経質になってしまうのは仕方がないことでしょう。現在世界中でオンラインカジノサイトは100以上ある程メジャーなものになってきていますが、中には運営体制が如何わしいものもありますのでご注意下さい。

 

2000年に運営開始

ロイヤルベガスカジノ(Royal Vegas Casino)は、2000年に運営開始しています。この時期から運営開始して現在も生き残っているサイトは優良サイトのみです。オンラインカジノそのものが世の中に出回り始めたのが、2000年前後からでした。この時期は今よりもオンラインカジノサイトが少なく、比較的容易にライセンスを発行出来ましたが、詐欺などによるトラブルが増え、年々審査が厳格化していき、悪質なサイトや運営体制が怪しいサイトは淘汰されていきました。そんな中でこれだけの期間、運営が続けられると言うのは、しっかりとした運営方針を取っている証です。

 

オンラインカジノは合法なのか

違法性は極めて低い

現在日本では、オンラインカジノは合法ギャンブルとして扱われます。何故なら、オンラインカジノを運営する上で必要なライセンスはギャンブルが認められている国や地域で取得され、カジノゲームを管理しているサーバーもそれらの国や地域で運営が行われているからです。日本の賭博罪において、国外犯の適用が無く、日本人が国外のサーバー上でオンラインカジノをプレイしたとしても、罰せれません。裏ネットカジノは同じくインターネット上で行われていますが、店頭で現金のやり取りをしているので違法という扱いになります。

 

オンラインカジノの驚異的なペイアウト率

eCOGRAが認定した97%のペイアウト率

そもそもペイアウト率とは、最初に賭けた金額に対して回収できる金額をパーセンテージで示したもののことです。例を挙げると、競馬が75〜80%、パチンコが80%、宝くじが45%程度となっています。それに対し、オンラインカジノは約90%と非常に高いことがお分り頂けると思います。中でも、ロイヤルベガスカジノ(Royal Vegas Casino)は、ペイアウト率が平均約97%と驚異的な数字を記録しました。しかも、eCOGRAというオンラインカジノを公平に審査する機関が認定した数字なので、ほぼ間違いないです。

 

マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用

20年以上続く確かな実績

ロイヤルベガスカジノ(Royal Vegas Casino)のゲームの管理を行っているマイクロゲーミング社は、1994年に創業された老舗のソフトウェア会社で、サーバーの安定性が非常に良く、数多くの著名な上場企業の会社から同社のソフトウェアが採用されています。オンラインカジノ業界においては、プレイテック社と並び二大巨頭ソフトウェア会社として君臨しています。ゲームソフト数が圧倒的に多いのも特徴で、ディーラーとカジノを楽しめるライブゲームについては豊富なバリエーションを揃えています。定期的に新ソフトもリリースし、長い経験から培ってきた細やかなパフォーマンスを提供し続けています。


トップページ ゲームプレイ 登録方法 入出金方法 ボーナス よくある質問